ピーリングとは

ピーリングとは

ピーリングとは皮膚の表面の古くなった角質をこすり取って皮膚の新陳代謝、皮膚の表皮の再生を促す美容法。「ピーリング」という言葉には「はぎ取る」という意味があります。通常、角質は20日間ではがれ落ち、新しいものに変わるとされていますが歳を経た方はこの皮膚の新陳代謝が上手くいかず、角質の新陳代謝がスムーズに進まなくなってきます。古くなった角質が残ってしまうと肌がくすみがちになったり黒ずみとなったりしてお肌がみずみずしさを失ってしまいます。

 

また、古くなった角質が毛穴を塞いでしまうとニキビなどの原因にもなってしまいます。ニキビ予防などの目的でピーリングを行うこともあります。ピーリングで使用するピーリング剤にはアーモンドやクルミを細かく砕いたもの、合成樹脂を混ぜ込んだクリームやスクラブなどがありまうすが、角質分解酵素入りの洗浄剤やパック剤もあります。

 

一般的に角質除去(ピーリング)は肘やかかとなど角質が硬くなった部分を削るものでした。これを顔の肌にも行うのですが、ピーリングは肌への刺激が強いもの。ピーリング剤を使う時は多くても週に一回程度にしてピーリング後にはしっかりとメンテナンスする必要があります。

 

ピーリングの種類

 

ピーリングは大きく分けて薬剤を使うもの物理的に行うものの2種類があります。薬剤を使うものをケミカルピーリングといいます。ケミカルピーリングの中でも安全性が高いのがピーリング石鹸、ピーリングジェルを使用するものでこれらはドラッグストアでも売られています。

 

物理的に行うピーリングはクリスタルや水酸化アルミニウムのような粒子を使うものでレーザーで行うものもピーリングに分類されています。物理的に行うものは基本的にはクリニックや皮膚科で行うものです。

 

ケミカルピーリングの種類

 

自分で行うことができるケミカルピーリングにもいくつかの種類があり、ジェルピーリング、ピーリング石鹸、スクラブタイプ、拭き取るタイプのケミカルピーリングがあります。

 

ジェルピーリング

酸の薬剤が入っているジェルピーリング。顔に乗せマッサージして洗い流します。主成分に使用されるのがAHAとBHAですが個人で行う場合はAHAを使用し、天然成分の酸でピーリングしていきます。

 

ピーリング石鹸

ピーリング成分が石鹸の中に入ったもので泡立てた泡でピーリングしていくもの。ドラッグストアで購入できる石鹸でピーリングするので手軽に行うことができます。

 

スクラブタイプ

スクラブタイプは細かい粒子を利用したピーリングで注意が必要。肌への刺激が強く色素沈着の恐れもあるので敏感肌の方は避けたほうが無難です。

 

拭き取るタイプ

拭き取るタイプのピーリングはあまりおすすめできません。拭き取る時の刺激は肌にはあまりよくなく、肌にシミやくすみができやすくなります。

 

ピーリングにもさまざまな種類がありますが、自分で行う場合はピーリングジェルやピーリング石鹸を使ったものがおすすめです。近くのドラッグストアで購入することができますが、使い方を間違えるとトラブルも起きますので慎重に行うようにしてください。